■オープニング・トーク
三井(以下「三」):みなさん、こんばんわ。k-town(ケー・タウン)は三井雅弘です。

えー、新年会というか、そういうので、もう40過ぎた男達が集まって飲んでましてね、「年明けて、いつも思うのはだんだん年いくごとに、これは無理やな、と思うことが増えてくるだけやな」、という話をしてましてね。パイロットはこれからなれんやろ、確実に。後、学校の先生はひょっとしたら可能性あるかもしれんけど、数学の先生とかは絶対なれへんやろ、みたいなね。
こういう風に絶対なれへんものをあげていくと結構でてきましてね。

でも、私は毎年思うのは、ピアノが弾きたいですね〜


中村:(以下「中」):(笑)
MASAHIRO MITHUI
三井雅弘さん
三:これはいつも思うことで、私が好きなトム・ウェイツ(※注1)さんとかね、ああいう人みたくバーの片隅で「▲×◎※■〜♪」と唄っているのが憧れでして。いっぺんピアノを弾きながら、弾き語りをやってみたいな、と思うんですけども、やっぱ、こう、手がちっちゃいですからね。
えー、手がちっちゃいとこれも無理かなと、思ったりなんかするんですけども、この前新聞見てましたら、40過ぎてからジャズピアノを初めて、今やジャズバーでね、弾いたりされている方の記事が載ってましてね、40過ぎてもそうやって弾けるんじゃないかなぁと、思ったりするんで、今年こそぜひ、ピアノにも挑戦したいな、と思うんですが、なんか今日のゲストに無理矢理結びつけてるような感じですけども、そんなつもりはなかったんですけどもね。

何と今日のゲストは関西の誇るキーボーダー、「NANIWA EXP」の中村建治さんにお越しいただいてま す。
注1:トム・ウェイツ(Tom Waits)関連サイト

■オフィシャル・サイト
■トム・ウェイツの紹介を掲載している日本語の個人サイト
<CM>

三:昨年、「NANIWA EXP」を再結成されまして、また自身のソロアルバム、「ピアノアルバム」を発表されました、中村建治さんです。どーもこんばんわ。

中:ども、こんばんわ。よろしくお願いします。

三:よろしくお願いします。もう、去年から建治さんがソロアルバムを出されたと聞いて、また「NANIWA EXP」も出た、というので、この番組にぜひ来ていただきたかったんです。

中:あー、ありがとうございます。

三:僕、さっきも話していたんですけど、ピアノね、指、短いんですけど、もう、だめですかね。

中:だめですね〜

三:だめ、て、はっきり。

中:(笑)いやいや、大丈夫です、だいじょーぶです。

三:あんまり指の大きさは関係ないですか?

中:関係ないです、関係ないです。鍵盤の小さい奴、選んだらええです。

三:え、そんなんあるんですかぁ〜?

中:(笑)
NAKAMURA
中村建治さん
 
三:ヤマハのポータトーン(※注2)やないんですからね。普通のサイズでも大丈夫ですか?

中:あの、欲張らんと弾いたら、何でも大丈夫ですよ。僕らでもその、指の長いショパン弾くような人と比べたらね、そら、とても及ばないですから。

三:手〜、そんなに大きくないですよね。びっくりしました。もっとガバ〜っと大きいかと。

中:僕の方がびっくりしました(笑)。

三:なに、僕のちっちゃい手を見て?「紅葉手」と呼ばれてますけど。今だに6歳児やて言われてます、ほっといていてください(笑)。
porta

注2:およそ20年前のポータトーン。
幅約19mmのミニ鍵盤使用。なお標準は約22mm。

■ピアノを始めた頃
三:建治さんは1956年のお生まれで、また元旦が誕生日、ということで。

中:はいはい、そうなんです。

三:じゃ、今年で48。

中:48です。

三:いくつくらいからピアノを弾いてはったんですか?

中:えっとね〜、3歳ぐらいから。

三:あ、やっぱり英才教育で。

中:自分では覚えてないですが、自分でお稽古をやりたい、と母親に言ったらしいです。

三:え〜、で、もう、家にはピアノがあったりとかして。

中:えっとピアノ、買ってもらったですね〜。なんかね、ピアノが流行ってた頃でね、その、鼻ったらしているようなね、全然ピアノが似合わんような子供もようピアノ弾いてましたよ。
団地育ちやねんけど、団地のあちこちからピアノが聞こえるような時代でね。

三:昭和30年代。

中:はいはい。「情操教育」という言葉が流行りましてね。

三:あ、ジョーソーね、ま、高校野球で強いとこ

中:?
 
三:そら「常総学院(※注3)」やがな

中:(笑)ごめんなさい〜、わからなかった〜(笑)。

三:や、いいですいいです。今日はもう、まかしてください、喋りのほうは、僕、喋っときますから。
え〜、「情操教育」が流行って、だんだん日本が豊かになってきた頃で。


中:そうですね。
注3:「常総学院」て?・・・と思った人はここをクリック。>>>>>>常総学院の高校野球史のサイト
三:でも、ピアノ弾く男の子、いうのは結構いじめられたりとかしませんでしたか?

中:そうですね〜。恥ずかしかったですね。

三:でも、ものごころついた時からピアノ弾くのが好きやったと。

中:小学校いっぱいまでピアノの教室にかよったんですけども、やっぱりお稽古があんまり好きじゃなくて、どっちかというと野球しに行きたい、外で遊びたい。
んで、小学校いっぱいまで頑張って、ほんで止めたんですけども、ピアノが家に残ったんがラッキーでしてね。それでピアノを弾くと面白い、ということを実はこっそり知っとったんです。
で、お稽古は嫌いやけども、ピアノを弾くと楽しい。

三:なるほど、思い出がピアノの前に座ると蘇ってくるわけですね。

中:そうなんですよ。そこからはもう、なんですか、我流。(笑)

三:我流。それから、ハイティーンぐらいからジャズに傾倒していって。

中:そうですね。ま、学校でバンドやったりしながらジャズに興味持って、ジャ ズピアノを習ったりしました。

三:もう、その頃からピアノ弾いてお金もらいだしたみたいな感じですか?

中:お金ですかぁ、20歳くらいですね〜、お金もらえるようになったのは。

三:それはジャズバーとか、そういう所で弾かれていた?

中:そうですね。

三:で、また当時は丁度、フュージョンブームいいますか、70年代後半ぐらいから、テクニックうんぬんする音楽と言いますかね、ギターリストはギターのうまい人を追い求めたりとか、キーボーディストはキーボードのうまい人を追い求めたりとか、そういうテクニカルな時代やったでしょ?テクニック至上主義みたいな。

中:そうですね〜。

三:で、そこでうまいことハマっていかれて、「NANIWA EXP」が82年にレコードデビュー。始めたんは何年くらいやったんですか?

中:えっとね〜、さかのぼる事5年、なんですけど。アマチュア時代が5年 あって、で、それからレコードが出る話になって。だからその5年の間にいろんなこと、試しました。
 

■ソロ・アルバム
三井:なるほど。昨年復活した「NANIWA EXP」のことは、また後で聞かしていただきますけども、なんと、昨年、ソロアルバムを発表されました。

中:はい。

三:このソロアルバム、僕も何回もうちで聴かしてもらっているんですわ。

中:ありがとうございます。

三:ジャケットが、この、あの、どういうんですか、ピアノの教則本の・・・

中:さっきお話したようなね、ピアノのお稽古に使うような。はい。

三:なんか、中村さんのピアノに対する思いみたいなものがこもって、で、すごく詩的なんですね、「ポエティ」といいますかね。

中:なんですぅ〜?(笑)

三:いやいや、僕ね、変な、似合わん言葉いいましたぁ?(笑)

中:(笑)耳を疑ってしまいました。

三:いや、僕は中村さんのイメージとしてはすごくナニワの時とか、いろんな所でみているのは、がーんと前に出ていってアドリブ弾きまくって、びゃー、どかー、みたいな感じのイメージがあったんですけど(笑)、このアルバムはすごく優しく、繊細、というかね。

中:ありがとうございます。

三:これは中村さんの中にあるものですか?

中:うーんと、僕の一部分だと思うんですけどね、そういったものはなかなか表に出せる機会がなかったので、自分でソロアルバムを創ろうと。
これも考えてから少し時間がかかったんですけど。タイミングがうまく合わなくて。

三:昨年、なんと、レコーディング・スタジオが京都のご実家で(笑)。「JIKKA2F STUDIO」で。

中:(笑)。えーでしょ、スダジオの名前。
三:こらま、やっぱりレコーディング機材が充実してきたいうのもありますね。


中:そ〜れ、そのおかげ、ありますね。

三:そのピアノアルバムから、一曲目に入っている「Sun Ripen」、これは「熟陽」という。

中:はい、熟した太陽、という僕が創った造語です。

三:「Sun Ripen」ですが、なかなか綺麗な曲です。聴いていただきましょう。

<曲>

三:えー、「中村建治ピアノアルバム」、もう、アルバムタイトルからストレートな感じが伝わってきますけど。

中:わかりにくいタイトルをつけるよりも中身がわかるようなタイトルにしようと思いまして。

三:ソロアルバムを創るのに凄く体力をつぎこんで、ホームページにも書かれてましたけど、げっそりやせた、ゆうて。

中:やせますよ。
piano album

「中村建治ピアノアルバム」
三:ま〜、このアルバム、全11曲入っているんですけども、やっぱり僕なんかフュージョンというイメージで中村さんを捉えてたところから、このアルバムを聴かされた時にそのギャップから、「や〜、中村建治さんてやっぱりええ人なんや」(笑)。このギャップ感がすごくね〜。

中:でしょ、僕、悪役やったらね、もっとギャップがあって良かってんけどね(笑)。

三:いやいやでもね〜、そういう中村建治さんを見る、僕らのね、リスナーとしてファンとして幅が広がったような気がするんですけどね。

このアルバムはどちらの方で売っているかと申しますと、ホームページの方で。


中:はい、そうです。インターネットの方で。

三:えー、このk-town-House(ケー・タウン・ハウス)のホームページからもリンクさせていただきます。

中:よろしくお願いします。
 

■NANIWA EXP
三井:さて、その、先ほども言いましたけども、「NANIWA EXP」。
これでがまた、1982年にデビューしたんですけども。活動はその5年くらい前から始められた、ということで、元々どなたとどなたが一緒にやろか、みたいな。


中:一番最初からいるのはベースの清水興とギターの岩見和彦、この二人ですね。

三:いわいる、「シミチャン」と「カズボン」と。僕ら、そんな風によう呼べませんけども(笑)。

中:(笑)ゆうてますがな。

三:いやいや(笑)。その3人で集まって、東原力哉さんは後から。

中:ちょっと後でしたね。

三:初めからフュージョンというかインストルメンタルで何かおもろいことやろ、みたいな感じがあったんですか?

中:そうですね。そういうバンドでした。
No Fuse

「No Fuse」
デビューアルバム
三:70年代、さっきも言いましたが、やっぱりフュージョンというか、インストメンタル・バンドが凄く盛り上がった時期でしたね。

中:音楽の歴史の中ではちょっと珍しいんちゃうか、と思いますね。

三:僕らかて、丁度大学に入ったりとか、高校3年とかそれくらいでしたからね、一番影響を受けたと思うんですよ、洗練されたシティー・サウンド、いうんですか?(笑)。今までの「いなたい」サウンドやのうて、シティな感じ、ナウなフィーリングの、みたいな(笑)。
ジャズとロックが融合した、はじめは「クロスオーバー」なんてゆうてました。


中:そうですね、そのへんがはじまりでしたね。

三:ライブハウスでナニワ、凄い動員やったでしょ、最初から。

中:うーん何かね、人気ありましたね。
 
三:その頃関西ではナニワがあったり、ラレーニャ(注:4)があったりとか、アーリーバーズ(注:4)でしたっけ、そんなフュージョンバンドがごっそり出てきて。

中:あれも面白いシーンでしたね。

三:お互いライバル意識はあったんですか?

中:ありましたね。

三:あそこ、こないだ動員100人やったし、こっちはもっと入れたろ、とか。

中:え、そんな数字じゃなくて(笑)、やっぱり音楽的な(笑)。

三:僕らはそうやったんですけどね(笑)。音楽的にあいつ、あんなこと始めた、みたいな?

中:そうですね。テクニック指向というのかな、そんなんはありましたね。

三:それとやっぱり関西人ですから、やっぱり、こう、中村建治さん、後ろでキーボード弾いているのが、前に出てきて、フロントでボーンと弾く、あの「ケンジーター」というのが。キーボードを肩からから背負ってピーピー弾いてましたですけども、かっこ良かったじゃないですか。

中:ありがとうございます。まだやってますよ。

三:まだやってますか。腰、大事にしてくださいよ(笑)。

中:(笑)ほんまですね〜。
注4:いずれも「NANIWA EXP」とともに当時のアマチュアロックコンテストの最高峰、YAMAHA 8・8 Rock Dayの1981年大会に出演したフュージョンバンド。

■ラレーニャ(羅麗若・LALENA)
プログレ・フュージョンバンド。2002年復刻盤を発売。
■アーリーバーズ(EARLY BYRDS)
明るくラテン的なサウンドが特徴。
三:あの当時は自分でつくったモノでしたっけ。

中:一番最初はね。まだ買えるようなモノが売ってなかったので、えー自分で創るしかなくってね。とりあえずストラップ、付けてみよか、みたいな(笑)。

三:キーボードに(笑)。
フェンダーのネックがついてましたね。あれ、「ウィ〜ン」とかいうの、ついていたらしいですね。あの、何でしたっけ。


中:ネックの真ん中にピッチベンドが付けてあって。

三:それも自分で付けたんですか?すごいですね〜。

中:だってどこにも売ってないんですもん(笑)。
key

現在のケンジーター
三:それだけお客さんにアピールする、そして音もちゃんとテクニックをもって聴かせる。「NANIWA EXP」はトップでしたね。

中:そうですかぁ?

三:そうですよ。で、音楽シーンの芯をひっぱっていって、対抗馬がいて、切磋琢磨のあの状況があったから面白かったんでしょうね。僕らはそれに憧れ、というか。丁度2年、3年下ぐらいの世代でしたから、みんな、テクニックうまくなってナニワみたいなんを目指したいという、憧れやったんですよ。

中:すみません。

三:何をゆうてはります(笑)。そのナニワが去年再結成されてツアーやって、CDまで出してしもうて。これまた何ででんねん?

中:そうやな、みんなそれぞれ個別に活動してて、別に仲が悪いわけじゃないですから、何かで出合ったりするんですけども。たまに5人でやってみると。

三:面白いなと。

中:うん、やっぱり他のセッションとは違う感じになる。でー、再結成をどう思うか、という話を何年かかけて。

三:おー、そんな長いこと時間かけてやってたんですか。

中:うん、そうですね、再結成をしますか?どうですか?、ていう話をず〜っとやりながらで、ようやくたどりついたって感じですね。
 
三:で、これまたかっこいいアルバム、創ってくれました。「Life of Music」というアルバムなんですが、これ、いつ発売でしたか?

中:はい?

三:いつ発売でしたか?

中:むつかしいこと、聞きなはんな(笑)。

三:(笑)むつかしいこと聞いてへん。2003年の、

中:2003年5月24日です。

三:では、この曲を聴いてもらいましょう。NANIWA EXP 「YOU GOT THE LOVE」

<曲>
Life of Music

「Life of Music」
三:ま、さっきもいいましたけども、80年代前半といいますか、まあ、そういうテクニック重視なバンドがどんどん出てきて、ミュージシャンがみんなうまくなっていったじゃないですか。最近、どうですか?

中:なに、へたになったかどうか?

三:はい。

中:私が?

三:いや、違いますやん(笑)、若いバンドとかいろいろとまわりを見回してみたりして。

中:そうですね、テクニック指向というのは一時期へりましたね。んで、自分達の歌を唄うとか、ヘタウマだとか、そういう時代がずっとあって、で、ここ最近、またテクニックのしっかりした子達が自分達の音楽をやるっていうのは、ちょっと見えてきて。また、僕らがやっていたような時代がくるかなぁという気はしますけど、どうでしょう?

三:ねぇ〜、そういう時期にナニワが出てくるいうのもこれ、タイミングやないか、思うんですよ。

中:ねえ、若い人には迷惑なんちゃうかな。

三:何をゆうてはります。また、重石になって若い芽、摘みましょう(笑)。
 

■ライブ活動
三:えー、建治さんは他にも色々とバンドをやってらっしゃいまして。京都でいいましたら、西野やすしと「Do it!」というのをやってますが、これも長いんでは。

中:や、長いですね〜。

三:何年ぐらいやってはる?

中:「何年」やってますかぁ?

三:え〜(笑)何年やってるか忘れるくらい昔ですか。

中:先に聞いといてくれんとわからんじゃないですか(笑)。

三:「Do it!」というのは建治さんと西やんと小林エミさん。

中:はい。

三:僕のお友達関係でいいますと、西やんもそうですけども、和佐田さんと東京のほうで「あ゜SISTER」、これは田中昌之さん、クリスタルキングの田中さんと一緒にやってらっしゃる。また、石田長生BANDとか、ジミー橋詰さんと一緒にやっているバンドとか、あと、ファンキー松田と、

(二人で):ハッピーボーイズ。

中:とかいうてね(笑)。

三:いろんなバンドやってて、曲とかよう、覚えてはりますねー。

中:や、あの、こっそりカンニングペーパー見たりしてますよ、いや、露骨に譜 面見てる場合もありますけど(笑)。

三:建治さんのHPを見ると、ライブでやった曲を全部書き込んでたりとか。

中:はい、がんばって書いてますよ、もう、それだけは何とか頑張って書こうと と思って。
 
三:昨年、ソロアルバムを出され、ナニワも復活されたんですけど、「MEDICINE BAG」も復活して、CDを発売されたとか。

中:「MEDICINE BAG」はね、復活というよりは、えー、ゆっくりやっている (笑)。別にやめたりはしていません。

三:メンバーはベースがナニワの清水興さん、ドラムが御薬袋(みなえ)さんというJAZZドラマーの方で、3人でジャズ・フュージョンをやろうという。

中:はい。

三:では発売されたばかりの「MEDICINE BAG」のアルバム「Summer Time」の中から「BLACK-KEYS ARE FREE」。

<曲>
MEDICINE BAG

「Summer Time」
三:こらまたカッコよろしいがな。また、ゆっくり聴かしてください。すみません、もう、時間なくて。

中:あ、いやいや。

三:今日はソロアルバムとNANIWA EXP と「MEDICINE BAG」と、中村建治さんのいろんな面を聴かしていただきましたけども、僕もちょっとお付き合いさせてください。

中:はい。そうそう、三井さん、あれやらな。

(二人で):「シシデバビデブー」(笑)

三:年に1回くらいなんですけどね、去年はちょっとなかったんですけど。

中:関西でしか見れない謎のユニットね〜。また、ぜひ。

三:今年もいろんな所で見させていただきます。

中:はい。

三:今日のゲストは、もう駆け足で通り過ぎた感じですけど、中村建治さんにお越しいただきました。どうも、ありがとうございました。

中:どうもありがとうございました。
shishide

謎のユニット?
「シシデバビデブー」

(phot by Aki)


■中村建治オフィシャル・サイトへ
■CD購入お申し込みページへ
Copyright (c) 1999 D-ZONE All Rights Reserved.


CDを紹介
nishino yasushi,kenji nakamura,emi kobayashi,hideo ono,haruzo yamada
NISHINO YASUSHI,NAKAMURA KENJI,EMI KOBAYASHI,HIDEO ONO,HARUZO YAMADA