CD LIBRARYへ D-ZONE CD LIBRARYへ


LOGO

 ■中村建治 ファーストソロアルバム■
 定価\2,000(税込価格)

 by D-ZONEレーベル (2003年8月発売)[DZ-005]

CD SHOP

■CD購入お申し込みページへ

■中村建治トリオ 「PARENTAL APPROVAL」 のページへ
■中村建治オフィシャル・サイトへ

■中村建治「三井雅弘:k-town House インタビュー」掲載
※中村建治さんが三井雅弘さんの番組にゲスト出演された時のトークを再録しました。

■[インタビュー]中村建治、アルバム・コンセプトを語る
■CDを聴かれた方の感想を掲載しています。
pianoalbun

■曲メニュー■

※曲名をクリックするとその曲の解説がご覧になれます。
(Liner notes by Nakamura Kenji)

1. Sun Ripen 〜 熟陽
2. Stationery
3. Josephine
4. ひーchan's Marriage
5. Willing to Fall
6. Photographs
7. New Orleans Pupil
8. Visage (ヴィサージュ)
9. Ho-kago 
10. G Corridor 〜 G 回廊
11. Wabo 


■All tunes composed by Nakamura Kenji

■All instruments played Nakamura Kenji

■mixing and Mastering Engineer mAru (SOEI COORDINATION)
■Executive Producer Ogawa Kiyoe for D-ZONE
■Produced by Nakamura Kenji

Dedicated to the memory of Nakamura Takeo (1925-2003)






1. Sun Ripen 〜 熟陽

 タイトルは「熟した太陽」という造語です(サン・ライプンと読んで下さい)。まさに地平線に沈もうとしている、熟しきった果実のように真っ赤で大きな夕陽をイメー ジしました。充実した人生の「熟年」ともイメージがだぶります。曲は幾つかのエピ ソードを交えながら、一日を噛みしめるように、ゆるやかに、満足げに地平線に向かっ ていきます。 
 >>>>>.曲メニューに戻る


2. Stationery

 この曲は父の机で作曲をしました。父の机は整頓されていて、文具(Stationery)が きちんと並んでいます。その様子がまるで、行儀良く使ってもらう順番を待っている ように見えました。作曲が終わって「さてタイトルは?」と考えたときに、そんな文 具たちが愛らしく見えてタイトルに付けることにしました。曲は「正統派バラード」 といった感の、真っ直ぐなピアノ・バラード。曲調が文具たちと、それを使っていた 父にぴったりだと思いました。
  >>>>>>曲メニューに戻る


3. Josephine

 短調で、メロディーがさらさらと流れるような曲を作ろうと思いました。アルバムの 中に一曲そんな曲が欲しいと思ったのです。作曲をするときには、このように自分で 決めた課題に沿って作るときがあります。作り進むうちに、タイトルは情熱的な女性 の名前にしたいと思いました。マックユーザには有名なあるゲームのキャラから名前 をいただきました(ジョセフィーヌと読みます)。
 >>>>>>曲メニューに戻る


4. ひーchan's Marriage

 ひーちゃんは私の妹です。彼女の結婚が決まった知らせを聞いたときに、喜びで本当 に一瞬で出来た曲です。嬉しいと思ったときに曲が出来るというのは、音楽家ならで はですね。作曲は9年前で、発表する機会を待っていました。
 >>>>>>曲メニューに戻る


5. Willing to Fall

 別な意味を持たせようと思って付けたタイトルですが、アメリカ人の友人によると 「人生をDigする」といった、深い意味になるそうです。Medicine Bagの90年のア ルバム「Evening Touch」に収録されていますが、作曲したのはさらに5年ぐらい前 で、ナニワにも持ち込んだ記憶があります。「3拍子のアフロの曲」という課題で作 曲したのを覚えています。いつもはリズミックに賑やかに演奏されていますが、メロ ディーとハーモニーの進行が気に入っていて、今回はじっくり聞いてもらおうと、ピ アノソロでの演奏にチャレンジしました。
 >>>>>>曲メニューに戻る


6. Photographs

 想い出を懐かしむような雰囲気を持った曲で、飾ってある写真を眺めているような気 分になって、このタイトルが付きました。写真に写っているのは全て過去の出来事で す。私自身は写真を眺めて想い出に浸ることをあまり好みません。現在と将来のこと で精一杯です。それでも時々写真を見たく(過去を振り返りたく)なることがありま す。あなたが大切にしている写真には何が写っていますか?
 >>>>>>曲メニューに戻る


7. New Orleans Pupil

 ニューオーリンズ・スタイルのピアノに挑戦しました。ブルースの源流とも言われる スタイルで、ちゃんとマスターするには一生を懸ける覚悟が必要です。私はまだまだ 入門者。で、生徒(Pupil)という訳です。最初からアルバムの中程に置いて、軽く 一休みしてもらおうと考えて、気ままに思いつくままに弾きました。
 >>>>>>曲メニューに戻る


8. Visage (ヴィサージュ)

 優しいバラードが出来ました。曲には満足ですが、さて、困ったのはタイトルです。 たいていの場合、先に曲ができて、タイトルは後で付けます。辞書を開いたりして、 苦労して考えます。意味は調べてみて下さい。英語だと「ヴィジジュ」と発音するの で、フランス語風に優しく読んでもらうことにしました。
 >>>>>曲メニューに戻る


9. Ho-kago

 「放課後」と素直に読んで下さい。最初は「ほのぼの」という仮タイトルが付いてい ました。アレンジを進める内に、下校時間になっても帰りたくなくて音楽室に集まっ てきた生徒たちの様子が浮かんできました。
 >>>>>曲メニューに戻る



10. G Corridor 〜 G 回廊

 最初は「G-Fantasy」というタイトルが付いていました。ミニマルな曲をアルバムの クライマックスに持ってきたかったのです。右手は終始ピアノのG音をオクターブで 連打しています。左手の音符が移動するとハーモニーに変化が現れ、また左手の音符 の移動そのものがメロディーのように聞こえます。アレンジを加えていく内に、どこ かへ迷い込んだような、同じ景色が続くぐるぐるとした回廊の中をさまよっているよ うなイメージが沸いてきて、このタイトルが付きました。
 >>>>>曲メニューに戻る


11. Wabo 3:55

 わー坊は私の次男です。長男の半分も写真を撮ってもらえない、お下がりばっかりの こいつに、何か埋め合わせをしたいと考えて捧げた曲です。作曲は92年、Medicine Bagの「Jazz Rock」に収録されています。改めて「Jazz Rock」を見て、「WABO」と 大文字表記で(I'll be there)とサブ・タイトルが付いていることに気づきました。 また借りを残した気分です。
 >>>>>曲メニューに戻る




 ピアノアルバムを作りたいという考えは1年前からありました。自分のそんな面を聞いてもらいたいという思いが始まりです。ピアノを中心に演奏する機会はたまにあったのですが、録音し、アルバムにして残すには、誰よりも自分が頑張らなくてはなりません。今年まとまった休みがあったので、実家の2階で一気に作りました。
 「ひー chan's Marriage」「Willing to Fall」「Photographs」「Wabo」以外は、このアル バムのために作曲したものです。音楽をコンピュータのデータとして残せるようになっ たのも、作品の実現に大きく寄与しました。

2003,8/1 中村建治




PAGE TOP


Copyright (c) 1999 D-ZONE All Rights Reserved.


CDを紹介
nishino yasushi,kenji nakamura,emi kobayashi,hideo ono,haruzo yamada
NISHINO YASUSHI,NAKAMURA KENJI,EMI KOBAYASHI,HIDEO ONO,HARUZO YAMADA